第24回[6月29日〜7月10日]

下半期に突入しました。相変わらず緊急事態宣言が発令されていて、緊急事態の常態化というウルトラパラドックスな狂った世界になってしまいました。オリンピックもこのまま開催されそうですね。誤字でおりんポックってなっちゃったんですが、こっちの方が可愛いので次回からおりんポックにしてくださいバッハ会長。
今回は1回ずつが短いので7日分を掲載しています。

6月29日(火)

妻の調子が悪いため今日は仕事を休んだ。家にいたらとある県外の芸術劇場のプロデューサーさんから電話。あたらしい仕事がほぼ決まった。
ヒー、怖いよー。俺、チョコ泥棒ぞ? そんなコソ泥みたいな名前のやつにそんな大きい仕事依頼します?嬉しさ2割ビビり8割。基本小心者のタクちゃん。

とりあえず原作を読まんといけん。そう、今回は原作ありなのです。はじめて。
でも話を聴く感じだと、結構なアダプテーションが施されるような感じ。そう考えると、わたし書くときなんとなく下敷きというか、薄いベースラインを既存作品で引いちゃうところあるので、同じような感じかもしれんね。

いま書いているやつは特に企画とかはなくて持ち込み用の脚本だからいいとして、今年度入ってから始まった古典芸能と絡めた作品も、今日連絡あった企画も、二つとも来年度上演予定。
復帰50周年というのがあるのでしょうね、きっと。
沖縄、という地を描きたいというので沖縄出身沖縄在住のわたしに声がかかったのでしょう。
ただね、わたしそこまで沖縄詳しいとかじゃないのよね。普通の人よ。その「普通の人」の感覚を書けばいいじゃないって感じかもしれないけど、これが「普通」って強く主張できるほど明確なオピニオンが県内にはない。
年代や職種や地域やいろいろで分断というかいろんな意見があるから「普通」なんてわかんないです。いやいやお前が自分で「普通の人」言うたやん、っていうツッコミが入りそうですが、このサイト読者の母数的に入ることはないでしょうなので大丈夫。

今回の原作法廷劇というか沖縄で実際に起きた陪審員のやりとりを描いたノンフィクションなんだけど、法廷もの? マジで? イケんのか? とりあえず本を開いてみるけどムズイぞ。イケんのか? とりあえず、読んでみる。とりあえず。

6月30日(水)

今日で2021年の半分が終わり。早すぎ。やばい。2
021年は、子どもが生まれ、全国デビューした。
なんかめでたいことが続いている。メンタルは相変わらず浮き沈みを繰り返しているけども、でもまあそれは仕方がない。外形的に見ればまあまあ上手くいっているということになるのだろうから(稼げてはないけど)、それでいいんじゃないか。
明日から7月だから、月初は仕事がいろいろあるから大変。今日は多分あまり寝れないだろう。やること多いのはいやだ。わしは働きたくないのだ。
そんな忙しいのに新しい企画が舞い込んできたものだから大変だす。原作の本を仕事帰りに立ち寄ったコメダで読んでいるんだけど、時系列が行ったり来たりの記述でなかなか整理が難しい。
ノートを取りながら読まないとストーリーの理解も難しいぞこれは。なかなか厄介な代物である。
とりあえず予定では来週の木曜日までには読み終わって金曜日にまとめて土日のどっちかでリモート会議。公共劇場の芸術監督とプロデューサーだから、これまでの作品と重みが違う。
ストレスで胃がキリキリ、なんてことにはまだ今のところなっていないのだけど、そうなるのももはや時間の問題なのでは?

最近太りすぎているから、少し節制をしなければならぬが、なんでこう空腹というのはやってくるのでしょうか?
どうせお腹の容量なんてものは決まってるからちょっと食べれば満足なのだけれど、肉体はそのことをなかなか学習してくれない。
いや、学習しないのは脳の方か。でも脊髄で食べてる感覚もあるから、もう全部の協応ってことなのでしょう。
みんなで寄ってたかって俺を太らそうとしているのだな。だがそうはいかない。今日はすごく我慢した。朝もパン一枚。昼もウィダーインゼリーとビスコ。夜もカフェオレだけ。どうだ。
でもこんな時に限ってなかなか体重て落ちてなかったりするのよね。それで凹んで翌日ドカ食いする。そのループですよ、人生。
人生の問題にしちゃったけど、でもほんとに体型の意地というのは肉体を持ち続ける限り一生付き纏ってくる問題なわけで、そう考えればダイエットというのは一生の問題、人生の問題だ。
だからあまり無理をしすぎず、そこそこの満足を得ながら体重を減らして維持していく。そういうことなのだ、痩せるということは。
無理なダイエットは長いスパンで見れば必ずと言っていいほどリバウンドをする。これまでもそうしてきた。だから今後も増減を繰り返して生きていくのであろう。
しょうがないじゃないか。こういう代謝でこういう体質で生きているのだ。変えることのできないものを見極めるちからと、変えることのできるものを変えられる力。アルコール依存かなんかの自助グループの格言にこんな感じなのがあったような気がするけど、ほんとこれだよ。

7月1日(木)

7月イェーイ! 下半期イェーイ! 今日は朝6時半から働いているからなんだかハイになっている。
8時間ぶっ続けていまやっと休憩に入る。疲れたぞ、しかし。
朝から頭痛と軽い目眩がしている。後頭部の方まで鈍痛は伸びていて、目元もどんより重い。まあ、簡単にいうとあまり体調がよろしくない。
体調がいい日の方が少ないんだからいちいちそんなことで文句を垂れるな、とスパルタネオリベラリストの俺が捲し立てる。結果を出せ!努力をしろ!寝る間を惜しめ!
まあまあまあ。いいじゃないですか、たまにはゆっくり。
じゃあゆっくりしたところで、時間に余白を設けてもそれをすぐに埋めようとするじゃないかお前は。退屈に耐えられないじゃないかお前は。
それはまあそうなんですけど。
じゃあ寝る間を惜しめ!何かをしろ!するべきことをしろ!
まずい、押されている。やるべきことをやる方向に行きかけている。逃げろ、さっさと逃げろ、ということで今は原点に来ています。わーい。

7月6日(火)

日常の中にある権力闘争、というのを日々実感している。すべての関係は「権力関係」である、と言い換えてもいいかもしれない。詳しいことは書かない。書くと色々とごちゃりそうな感じがある。
それはそうと先週からずっと頭痛がする。ぜんぜん治らない。なんか注射するやつがあるみたいなんだが、それ打ってこうかな。あまり気は乗らないけど。

ここ最近書いてきていた新作脚本をストップさせた。
時間を置いて読んでみると、あまりおもしろくない。もうちょっと機が熟すのを待つか、あらたな血を注入させなきゃならぬ。
たぶんテーマが混線してしまって停滞というか迷走というかそういう感じになっているのだと思う。一度バラして二つの物語にしてみようか。そのうえで設定から見直してもいいのかもしれない。
あるいは連続ものにするとか。ふむふむ。その手はありかもしれぬ。3話完結もの。
そうなるといよいよ放送どころではないものになってしまう。それでもいいのかもしれぬ。あまり枠のことばかり気にしすぎて停滞するくらいなら、書きたいように書けばいい。もし評価されて放送を前提の話になれば、そのときに削ればいいだけだ。
とりあえず最初から完璧なパッケージを目指す必要はないのだ。ここに書いてみてはじめて気づいた。やはり日記を書くという習慣は大事だな。

今日やること。まずは保育園の事務がいろいろと溜まっているからそれを処理する。そんで、『逆転』を読む。
今週日曜に劇場の芸術監督やらプロデューサーやら事業部長やら制作主査やら演出家やら、尻込みするような人たちとのリモートミーティングがある。そのためにまずは全部読んで、あらすじというか登場人物たちのバックストーリーをまとめておきたい。
あとは時代背景も。そうしないと物語の全貌を掴めないしミーティングにも入れないだろう。うーん、俺ってマジメよね。意気込みだけは優等生です。

7月7日(水)

今朝は4時に起きて『逆転』を最後まで読んだ。このあとやることを、思いついた順に書く。
まずは「レジスポ」のホームページを修正すること。この修正は2点あるのだけど、それを午前中のうちに終わらせてしまう。
それから、傷舐会の進行についてまとめて、それをメンバーに共有する。
『逆転』についてもまとめなきゃならない。電気料金の支払い、英語レッスンの支払い。こんなもんか。保育園の事務はいっぱいありすぎるからここには書かない(書けよ)。

傷舐会はどうやってすすめるか。まずは雑談(これがメイン)。んで、前回の集会の日から当日までの間に設定した、現在抱えている(遂行すべき)プロジェクトについての目標とそのための具体的な計画、その進行状況について報告する。
メンバー全員の報告が終わったら、次回の日時を設定し、その期間における目標と計画を策定し発表する。んで雑談。で終わり。1時間くらいで終われればいいかな。

7月9日(金)

かれこれ2週間ほど鈍い頭痛が続いていて、昨日は夕方からお子を実家に連れて行こうかと思っていたのだがそれもキャンセル。
よくなったりキツくなったりの波を繰り返していて、ほんとに頭痛なのかなんなのかよくわかんなくなっている。
梅雨が去ってもずっとこんな感じでなんか重ったるい頭部とすごしていかないといけないとなるとすこし憂鬱で、できることならバタ子さんに新しい頭部を届けて欲しい。
この前たまごパンのあんこバターを初めて食べたらすごい美味しかったんだけど、この話はいまは関係ないのでやめときます。
といってなにかどうしても書きたいことがあるかと言われたら、まあいつも通りそんなものはないのだけど、まあとりあえず具合があまり良くないということです。普段から具合はつねによくはないので、低空飛行グライダーマンことわたしなのだけど。

『逆転』の主要人物の過去や現在、事件当日の動きなどを表にまとめている。ミーティングの際に何かに使えるかなと思って。まじめだねえ。
こういう事務的な作業も、あまり苦にせず能動的にできちゃうのだけど、でも仕事となるとだめなの。たぶん、事務が嫌っていうより、「義務」がいやなのよね。jimuはいいけどgimuはダメ。
成人してから反抗期がやってきたわたしは、たぶん還暦迎えるまではずっとこのまんまよねきっと。

7月10日(土)

先日から、中断していたダイエットを再開している。
600~700グラムくらいは減っている。今月で1.5kg、来月も1.5kg、2ヶ月で3kg、今回はそれくらいの減量を目標にしている。
生活リズムが乱れるとダイエットどころではなくて太ってしまうのだけど、ある程度生活が読めてきたってのもある。
太るってことは要は「食べ過ぎ」ってことで、食べ過ぎってのはだいたい「一回の食事量が多い」のと「間食が多い」ことが原因。
カロリーとか諸々については今はあまり考えていない。食事の平均値が定まってきたところでようやく「カロリー計算」とかの意味が発生してくるのである。いまは食事量も間食の回数もバラバラで、そのバイブレーションが大きすぎるというわけであるので、それが細やかになった時にカロリーについては勉強しよう。
考えてみれば、すでに今月の目標の半分は達成したことになる。日数としてはあと3分の2残っているので、予定よりもはやく達成できるかもしれないし、残りの3分の1は「停滞推奨期間」として美味いもの食ってもいいかもしれない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です